カスタマーサービス担当の杉山です。

今回は「Acteon Packing Cube(アクティオンパッキングキューブ)」をレビューと一緒にご紹介させていただきます。

Acteon Packing Cubeは、大小サイズセットの圧縮機能付きポーチです。


▼こんな方におすすめ
✔︎ 出張の多い方
✔︎ スポーツやジムに行かれる方
✔︎ 衣類の収納に困っている方
✔︎ 荷物が増える乳幼児期のお子様がいらっしゃる方

 

 

 

 

 

1. 大きさの比較



▲大:36 x 25 (cm)/小:25 x 18 (cm)

Packing Cubeは、表と裏に衣類を入れるスペースがあり、全てのファスナーを開くと下画像のような状態になります。

中央のファスナーは拡張用ファスナーです。

※裏表の入るスペース(容量)は同じですが、中仕切り1枚生地の設計のため、表に物を沢山入れた場合、裏面に入る分は少なくなります

 

 

 

2. 使用例をご紹介



現在、2人の男の子を育てております。
4月は衣替えシーズンの到来。

いざ衣類を着させようと思ったら、

・お気に入りのTシャツが見当たらない
・上下セットのどちらかを別の収納場所にしまってしまい、すぐに見つからない

そんなことありませんか?(うちだけ?笑)

今回、そんなお悩みをPacking Cubeで解決出来ないかなと思い、実践してみました。

寒い日でもトレーナーの下は必ず半袖を着たがる暑がり長男。

冬物は表に出していると見た目が暑いので、すぐに仕舞いたい私。(タンスの中を整理したい)

タンスの中で、仕分けしたらどうだろう?

これぞ、プチ衣替え。


(冬物をPacking Cubeに入れ、薄手のものを表に出して仕分け)

クリアの収納ボックスに仕舞うでもよいのですが、家族の衣類をPacking Cubeで色別に保管するなど、工夫してみてはいかがでしょうか?

Packing Cubeは全4色展開です。カラー展開はこちら

 

正直どのくらい入るか、気になりますよね。

早速、大サイズにどのくらい入るかに挑戦します。

 

 

第1チャレンジ:旦那の釣り用セットを入れてみた

【内容】※3月装備の例(海上の寒さは冬)

・GORE-TEX パーカー
・フリースのタートル
・トレーナー
・GORE-TEX パンツ
・裏毛付パンツ
計5着

かなりのボリュームです...入るかな?

入りました!!厚みは最大で約15cmまで広がります。

 

そこから、拡張ファスナーを閉めると...

すごい!およそ半分の8cm程の厚みになりました。

 

 

第2チャレンジ:海水浴セットを入れてみた


夏場、海水浴やプールに行く時を想定して、
このような入れ方をされてみてはどうでしょう。

レジャーシートや、帽子、水鉄砲など、すぐ出したい物を裏面、水着やタオルを表面といった風に分けることが可能です。

水着、スイムキャップ、着替え用ゴム式タオル 各×2セット 


入りました!めちゃ便利。

汚れ物と綺麗な物を、裏表面に分けて使えるのがPacking Cubeの優れている点です。

 

では、小サイズの容量はどうでしょう。

もしかして、長男次男で裏表で分けて入れられたら、便利かも!


タオル2枚!とはいきませんでしたが、
それ以外を入れることは可能でした。

マチの膨らみは圧縮すると8㎝でした。

 

 

第3チャレンジ:オムツ(ビッグ)38枚を入れてみた


なんと35枚まで入りました!
(※すぎやま予想では20枚くらいかなと思ってました)

今回のみパンパンに入れてあるので、圧縮ファスナーは閉めずです。

Sサイズのオムツなら40枚程は入ります。
赤ちゃんがいる家庭で、旅行や帰省の際にオ
ムツポーチとして使えば、ファスナーで厚みを調整できるため、荷物がよりコンパクトになります。

 

35Lのキャリーケースに入れた時の大きさ比較はこちら。


旅行帰り、Packing Cubeの中身が空の場合は、小サイズは大サイズに入れてしまえるので、
厚みは3.5センチの薄さになります。
キャリーの中でも邪魔になりません。


Packing Cubeに汚れものを入れて持ち帰った場合、帰宅後にキャリーから取り出してすぐに洗濯機へ!なんてことも出来ますね。

※ Packingcubeは丸洗可能ですが、洗う際は洗濯物ネットに入れてくださいね。

 

 

 

3. 最後に



うちでは小サイズを息子(小2)のサッカーユニフォームセット入れに使っています。

ユニフォーム洗濯後は、また畳んでPacking Cubeに入れる!

これなら自分で用意が出来るし、忘れ物もなくてすみますね。


少しでも購入検討の参考になりましたら嬉しいです。