Lazervida



価格:
¥87,980
在庫:
残り5個

公式SNSで最新情報を配信中
Facebook Facebook Facebook

商品情報



コスパ最強!
レーザー加工中級者向け
高性能レーザー加工機

Lazervida(レーザーヴィーダ)

登場!

 













競合他社
半導体レーザー比較











406x406mmの
大きなワークエリア





重量は4kgとiMacよりも軽く、移動や収納も簡単です。







金属からガラスまで
様々な素材に彫刻できる









●彫刻可能素材







レーザーに備わる
魅力的な4つの機能





その1.高精度レーザースポットは0.08mm!

本体には工業用グレードのリニアガイドシステムを採用し、正確なモーションコントロールを実現。

彫刻を施すレーザースポットのサイズは0.08mmと高精度で、1000DPIの高解像度で読み込んだ画像や文字などのデザインデータを忠実に再現します。







その.2彫刻速度最大300mm/s!

Lazervidaは、最大300mm/s(18,000mm/min)の速度で彫刻できる高性能チップを搭載し、短時間で多くの加工作業が可能。

スピードより精度を重視したい場合はソフトウェアにて簡単に調整できます。







その3.10Wの高出力レーザー搭載

暑さ8mmの木材であれば容易に切断可能です。







その4.プレビュー機能搭載!

対象物の位置を確認しながら
彫刻を調整することができます。







アクセサリーで
表現の幅が広がる!





● 大きい素材の加工に便利!フットスタンド

本体にフットスタンドを装着すれば、より大きなものを加工できるようになります。

最大120mmまでの高さであれば、縦幅や横幅が長い素材も入ります。






●ずれ防止に最適!磁石入りコーンスペーサー

素材を持ち上げてくれるのでレーザーカット時の反射による焦げ跡や煙の付着を防ぐことができます。

また、磁石を内蔵しているのでスチール製の作業台に固定がしやすく、ズレ防止にも一役買ってくれます。






安全性への配慮





●専用のレーザーフード付属

Lazervidaのレーザーヘッドには、目を保護するレーザーフードが装着されています。







●動作中に本体を動すと自動停止します

センサーが搭載されており、操作中に本体の予期せぬ動きを感知すると停止するので、制作中も安心です。






※排気に関するご注意

加工時にはレーザー照射により煙が出ます。
外や換気が十分に行える環境で作業を行なって下さい。
扇風機で煙を外に逃したり、
掃除機を煙の側でかけておくことも効果的です。







独自のソフトウェア【Swiftray】





Lazervidaのよりスムーズなワークフローを実現するために開発企業であるFLUX社は独自のオープンソースソフトウェア『Swiftray』を開発。

材質別のおすすめパラメータ設定の提案や、1回のコマンドで彫刻&切断を実現する複数レイヤーを設定することができます。







様々なファイル形式を
サポート







独自開発の『Swiftray』以外に、『LightBurn』と『LaserGRBL』にも対応しており、3つのうちからお好みのソフトウェアで操作可能です。

Windows、Mac OS、Linuxに対応しており、JPG、PNG、AI、DXF、SVG、PDFなど様々なファイル形式をサポートします。







Lazervidaスペック

・サイズ:582 x 574 x 100mm
・重さ:4kg
・ワークエリア: 406 x 406 mm
・作業領域深さ:30mm
・焦点距離:23mm(保護カバー未装着時)
・焦点を合わせる方法:マニュアルフォーカス
・レーザーの波長:445nm +- 5nm
・レーザースポット:0.08 x 0.08mm
・レーザー出力:10W
・最大彫刻速度(ラスター加工):300mm/秒
・最大彫刻速度(アウトライン):10mm/秒
・彫刻の解像度:1000DPI
・最小彫刻文字サイズ:0.5mm
・ファイル転送方式:USB
・対応OS:Windows / macOS / Linux
・レーザーヘッド:10W
・Software:Lightburn / LaserGRBL / Swiftray
・カッティング:5mmバスウッド / 1パス
・対応グラフィックフォーマット:JPG / PNG / SVG
[Lightburn]AI, SVG, DXF, PDF, G-Code, HPGL, PLT, NC and RD for vector formats. PNG, JPEG, BMP, TIFF, TGA, and GIF for image formats.
[LaserGBRL]JPG, PNG, BMP, GIF, G-Code, NC
[Swiftray]JPG, PNG, SVG, G-Code
・動作電圧:100-240V
・AC周波数:50/60Hz
・動作温度:5-30°C
・ノイズ:50dB
・アクティブポジションプロテクション:Gセンサー
・スタンド高さ:30mm/スタンド







同梱内容





● 保証期間:1年
初期不良の交換・修理、梱包不備の対応期間は、お届け後7日以内となり送料弊社負担にて対応いたしますので期間中に必ず商品をお確かめください。 ※製品の仕様、デザインに関しましては一部変更になる可能性がございます。

●セット内容の確認をお願いします
お届けから7日以内にセット内容に不足品など無いか必ずご確認ください。 お届けから7日目以降、不足品のお問い合わせをいただ際、無償提供ができない場合もございます。

● 開発国:台湾
● 生産国:中国







FAQ





■レーザー彫刻&加工できる素材に関して

Q1.曲面や円筒形のものを彫刻することができますか?

曲面ではピントのズレが生じ、彫刻の仕上がりに影響を及ぼすことがありますので、彫刻材料は水平面を主とすることをお勧めします。 現在、Lazervida回転軸キットを開発中で、将来的には円筒形の彫刻(ジュースグラス/ワインボトルなど)にも対応できる予定です。

Q2. PVCやプラスチック製品を彫刻することはできますか?

プラスチックの組成が複雑なため、レーザー彫刻に有害な物質が含まれていないか、提供元に確認することをお勧めします。

Q3. Lazervidaは金属を切ることができますか?

ダイオードのレーザー波長が445nmのため、金属を切ることはできませんが、ステンレス鋼に直接彫刻(マーキング)したり、金属の陽極酸化皮膜を除去することは可能です(金、銀、銅などの金属は彫刻不可)

----------------------------------
■Lazervida本体について

Q1. 機械に台座がないため、カット対象物の台座として使える素材は何ですか?

レーザー光でテーブルを傷つけないために、厚い木材/アクリルや金属素材を使用することができます。レーザー光がプラスチックに当たると有毒ガスが出るため、下にプラスチック素材を使うのは避けてください。

Q2.カメラプレビュー機能はありますか?

Lazervidaは"お手頃価格 "を実現するため、カメラは付属していませんが、ハードウェアとソフトウェアが連携し、レーザーヘッドから光点が照射され、彫刻されたパターンの枠がプレビューされます。 光点がはっきり見えない場合は、レーザーフードを一時的に外し、彫刻を始める前に元に戻すとよいでしょう。

Q3.Lazervidaは光路の調整が必要ですか?

エネルギーを伝達するための反射鏡を必要とし、かさばる水冷システムを必要とするCO2レーザーとは異なり、ダイオードレーザーヘッドは軽量で、光軸に直接取り付けることができるため、光路を調整する必要がありません。

Q4.Lazervidaは長時間作業ができますか?

長期間連続稼働させるためには、室温を高くしすぎないようにご注意ください。 環境要因で機械が過熱した場合、適切な動作温度に戻るまで自動的に一時停止します。

Q5. Lazervidaに画面が搭載されていないのですが、機械の故障はどのように判断すればよいのでしょうか?

本体に搭載されたLEDライトで判断できます。

・動作中: 常時点灯
・電源オフ: 常時消灯
・エラー : 点滅

Q6.Lazervidaは、定期的に冷却水を交換する必要がありますか?

Lazervidaのレーザーヘッドは冷却ファンを内蔵しており、水冷システムを別途取り付ける必要がありません。

Q7.ダイオードレーザーヘッドはどれくらい持つのでしょうか?

Lazervidaはダイオードレーザーを使用しており、レーザーヘッドの寿命は通常の使用で約10,000時間、そして1年間の保証付きです。

Q8. レーザークラスはいくつですか?

Lazervidaのクラスは4になります。同梱のレーザー保護メガネの着用を徹底し、レーザーヘッドと素材に不要な隙間が発生しないようご注意下さい。 また、レーザー加工時は保護具を着用した作業者以外の立ち入りがないよう徹底するなど、お客様環境での対策もお願いします。

---------------------------
■ソフトウェアに関して

Q1.ソフトウェアのSwiftrayは、モバイルやタブレットでも使えるようになるのでしょうか?

Swiftrayは現在、Windows、macOS、Linuxのみに対応していますが、今後、スマートフォンやタブレット端末への対応も検討する予定です。

Q2. ソフトウェアは日本語化される予定ですか?

はい、ソフトウェアは日本語化される予定です。

----------------------------------







サポートに関して





Lazervidaは日本法人によるサポートが受けられます。 商品到着後、Lazervidaに関するお問い合わせは株式会社マイクロボードテクノロジーまでご連絡ください。

【お問合せ先】
電話:03-3561-2266
メールアドレス: flux@microboards.co.jp






●マイクロボード・テクノロジーよりコメント

Lazervida(FLUX社)の正規代理店、株式会社マイクロボード・テクノロジーの杉本です。

Lazervidaの製造元であるFLUX社は世界最小のCO2レーザーカッター「beamo」を開発し、日本国内でも多くのユーザーに愛用されています。
そのFLUXから新たに発表された最新モデルがLazervidaというわけです。

LazervidaはLEDを利用したレーザーカッターで幅広い素材に加工を行うことが出来ます。

先程お話したbeamoはCO2タイプですが、LEDはCO2タイプよりもより精細な描写を行うことが出来るだけでなく、CO2では行えないステンレスへのマーキングを行うことも出来ます。


今でもLEDタイプのレーザーカッターは発売されておりますが、Lazervidaは信頼性の高いフレームやレーザーヘッドを利用しており、ソフトウェアも専用のソフトウェアが用意されている点について高く評価できると考えています。

またLazervidaの大きな特徴として、コストパフォーマンスに優れている点があげられます。性能及び品質を高い水準で保ちながらも価格を抑えられていることは、大きな魅力ではないでしょうか。

まずは手軽にレーザー加工を始めてみたいと思っている方や、サブでもう一台持っておきたい方にぴったりな一台です。

また我々、株式会社マイクロボード・テクノロジーが国内でのサポートを担っており、トラブルの際にはすぐにメールや電話でお問い合わせをいただけますので、安心してご愛用いただければと考えております。







チームFLUXについて

FLUXは、世界最小のCO2 30Wレーザーカッター「beamo」や、世界100カ国以上で販売される60Wスマートレーザーカッター「HEXA」などを開発・製造し、クリエイターのデザインプロセスが短縮できるよう取り組んでいます。

2022年には、長年の経験を活かし、レーザーカッターのハードウェアとソフトウェア開発をひとつにした、新ブランド「Lazervida」を立ち上げました。

Lazervida 10Wは、クリエイターにとって最も軽く、最も「使いやすい」レーザー彫刻機です。







●レーザー加工初心者の方にはbeamoがおすすめ





Customer Reviews

Be the first to write a review
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)

おすすめ商品

最近見た商品